震災・災害時に絶対役立つアプリ「日本内科学会 災害医療アプリ」

「日本内科学会 災害医療アプリ」は日本内科学会が配信しているアプリです。

震災、災害時は外傷(見た目の怪我)が注目しがちになりますが、実際は内科的対応(見た目では分からない内臓の異変)にも気をつけなければいけません。

アプリ自体は内科医の先生方が震災、災害時のモバイルマニュアルとして使えるようまとめたものですが、一般の方でも使えるようになっています。

オフラインでも使える仕様となっているので、災害マニュアル、避難マニュアルとしても使えます。

 

★☆★☆ よく読まれている記事 ★☆★☆

◆スマホで始めるオススメの副業!

◆通販サイトを安く利用する方法!

◆iTunes、App Storeを安く利用する方法!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<PR>

災害時の対応、健康管理について学べる

アプリでは、事前準備、事後対応に学べる「サバイバルカード」と、各種医療対応について学べる「災害医療アクションカード」に分けて学ぶ事ができます。

 

サバイバルカードでは「事前準備編」と「事後対応編」に分かれています。

「事前準備編」では災害時の避難行動、日頃からの考え方、家庭内で備蓄すべき物について詳細に記載されています。

こちらはアプリをダウンロードしたらすぐに読んだ方が良いでしょう。

「事後対応編」では実際に震災、災害に遭った際にどのように行動すればよいか詳細に記載されています。

冷静な判断がしづらい状態でも落ち着いて行動できるよう、分かりやすく書かれています。

こちらもアプリをダウンロードしたら一度は読んでおいた方が良いと思われます。

災害医療アクションカードは、病院関係者の方向けに書かれているものが多くなっています。

一般人の方だと「精神医療支援編」、「生活不活発病編」が読んでおいた方が良い内容となっています。

「精神医療支援編」では被災者への処方、ケアについて書かれています。

基本的にこちらに書かれている内容を基に医療関係者は治療する事が多いので、まったく知らないよりも知っておいた方が精神的な心構えができると思います。

「生活不活発病編」は主に高齢者の方が該当するかもしれません。

若い方の場合、復興の人員として動員される事が多いですが、高齢者の方の場合ただ避難している状態が続いており生活不活発病に掛かる傾向が強いため、自分で行うセルフチェックとしてアプリを利用するのも有用かと思います。

 

【アプリ情報】
アプリ名: 日本内科学会 災害医療アプリ
販売元: THE JAPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE
カテゴリ: メディカル
ダウンロード価格: 無料 ※掲載当時
課金要素: 無し ※掲載当時

App Store はこちら

 

iPhoneユーザー必見!iTunes、App Storeを安く利用する裏ワザがあります!気になる人はボタンクリック

裏ワザはコチラ!

 

★☆★☆ よく読まれている記事 ★☆★☆

◆スマホで始めるオススメの副業!

◆通販サイトを安く利用する方法!

◆iTunes、App Storeを安く利用する方法!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆